歯を失ったら

歯は、実際に失ってみないと、なかなかその大切さに気づくことができません。
奥歯をたった1本失っただけでも、食べ物が上手に噛めない、頬がくぼんで老けて見えるなど、身体の機能としても見た目の印象にも大きく影響するのが『歯』です。

むし歯、歯周病、事故などで失った歯は、残念ながら二度と再生することはありません。
そこで、失った歯を補う治療方法は3つです。

インプラント

失った歯が蘇る「インプラント治療」

インプラント治療とは、歯を失った部分の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込んで人工歯を取り付ける治療法です。

インプラント治療は失った部分だけを治療する方法なので、ブリッジのように健康な歯を削ったり、部分入れ歯のように他の歯に負担をかけたりするようなことがありません。
また、インプラントは顎の骨に直接埋め込んでいるので、噛み心地が自分の歯に限りなく近くなります。
毎日のケアは、今まで通りの歯磨きで十分なので、入れ歯のような洗浄の手間がかかりません。

「しっかり噛む」という動作は、脳への刺激にもなるため、インプラントを入れた患者さまの多くが「若返ったみたい」「前より元気になった」という感想を持たれます。

インプラントのメリット

  • しっかり噛める
  • 違和感や痛みがない
  • 人工歯だと気づかれない
  • 今まで通りの食事ができる
  • 発音に影響がない
  • 毎日のケアが簡単

インプラント治療が開発されて認知度が上がると、入れ歯やブリッジからインプラントに変える方も多くなりました。このホームページを見ている方は、今検討している最中かもしれません。
しかし、どれほど優れた歯科治療も、必ずデメリットがあります。
ここでは、インプラントのデメリットについて説明します。

外科手術が必要

外科手術と聞くと不安になる方は多いと思います。しかし、実際には「親知らずの抜歯手術」のような小手術です。手術に伴う痛みも、親知らずの抜歯と同程度と考えてください。
当クリニックでは、全身麻酔ではなく、抜歯治療と同様に局部麻酔を行い、およそ1~2時間程度で手術は終了です。手術後は少し腫れるかもしれませんが、数日で治まります。

治療費が高額

インプラント治療は保険適応外なので、入れ歯と比較すると高額です。
取り付ける部分にもよりますが、1本30万円程度です。

インプラント治療で対応できないケースがある

病気や体力面で手術に耐えられない方、インプラントを取り付ける骨に異常がある方など、治療が受けられない場合があります。

定期的なメンテナンスが必要

取り付けた人工歯と歯肉の間に細菌が入りやすいため、歯周病のリスクが高くなると言われています。
インプラントを長く快適にお使いいただくためにも、必ず定期メンテナンスを受けるようにしてください。

ブリッジ

ブリッジとは、歯を失った部分の両隣の歯を支柱として、人工の歯を「橋」のように渡す治療です。

メリット

  • 取り外す手間がかからない
  • 食べ物の味が変わらない
  • 違和感がない
  • 発音に影響しない

メリットの部分だけを見ると、ブリッジは非常に優れた治療方法の一つですが、いくつかの問題点があります。

ブリッジは、失った部分の両隣の歯を削って支柱を作ります。そのため、健康な歯にダメージを与えることになります。
また、今まで3本の歯で支えていた力を2本だけで支えるので、支柱となる歯にかかる負担が大きくなります。つまり、歯が欠損している部分が連続していれば、その分、支柱にかかるストレスが大きくなるということです。
ブリッジは、両隣の歯で支える治療法なので、一番奥の歯の治療には対応できません。

入れ歯

入れ歯の最大のメリットは、保険適用で非常に安く作れるという点です。
また、保険適用外にはなりますが、金属を使用しない入れ歯、柔らかく人体との親和性の高い材質の入れ歯など種類も豊富にあり、患者さまが最も重要視したい要望に合わせた入れ歯を作ることができるようになりました。

入れ歯のデメリットとして第一にあげられるのは違和感です。
使用しているうちに徐々に慣れては行きますが、総入れ歯の場合は子どものこぶしほどもある人工物を口の中に入れるのですから、違和感がないはずがありません。また、食べ物の味や温度を感じにくくなる方も多いです。

部分入れ歯は、残っている歯にバネをかけて固定します。その為、大きく口を開けると金属のバネが見えて、審美性という点では問題があります。
支えにされた歯への負担が大きく、抜けやすくなる、歯周病のリスクが高くなるなどの報告があります。

入れ歯のデメリット

  • 違和感や、痛みを感じることがある
  • 食べ物の味・温度が伝わりにくい
  • 噛む力が弱くなる
  • 不衛生になりやすい
  • 支柱となる歯にかかる負担が大きい
  • 毎日の手入れ・洗浄の手間がかかる

8020運動

80歳になった時20本の歯を残そうという運動を、厚生労働省が中心になって行っています。
しかし、現実的には、80歳で残っている平均本数は6.8本です。
それは、歯が抜けた後に入れ歯を入れて、バネを支えていた歯が次々と抜けていく…というのを繰り返していたからです。
このように、「安いが他の歯に負担がかかる入れ歯・ブリッジ」「他の歯に負担をかけないが高いインプラント」、どの治療にもそれぞれメリット、デメリットがあります。

「噛む」は脳のトレーニング

総入れ歯の人と自分の歯が10本以上残っている人を比較した調査があります。
それによると、総入れ歯の人の方が、明らかにアルツハイマーになりやすいという実験データが出ています。
歯を噛み合わせた時の脳への刺激は、それほど重要なんです。

「1本くらいなくても大丈夫?」

たった1本の歯ですが、その1本がないことで、他の健康な歯に通常以上の力とストレスがかかっています。
また、片方だけで噛むことを続けた結果、身体全体のバランスが崩れて、肩こりや腰痛、片頭痛などの症状に繋がっていることもあります。

  • 美味しく食べる。
  • 大きい口で笑う。
  • おしゃべりを楽しむ。
  • 歯を食いしばる。

もう一度、人生を豊かに楽しみたい方は、ぜひ当クリニックまでご相談ください。

side_inq.png